menu

ろまん

現在、5722冊のエロ漫画を掲載してます。
2019 - 03 - 04

敗北乙女エクスタシー Vol.4

敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
敗北乙女エクスタシー Vol.4
FANZAで続きを読む

敗北乙女エクスタシー Vol.4

『正義のヒロイン姦獄ファイル』がリニューアル! <今回も闘うヒロインの痴態を集めたアンソロジーコミック! <偶数号では、人気連載作『聖女の献身』『ファントムオンライン』を掲載。 <その他にも、催眠侍娘、賢者少女、ダークエルフなど <性の快感に敗北し淫らに堕ちていくヒロインが満載です! < <【掲載作品】 < <●『ファントムオンライン 悦楽の幻影』第四話 <漫画:助三郎 <仮想空間で偽装した強姦魔に犯され続けた一条寺茜は、 <現実の世界でも、仮想世界と同じ姿の強姦魔に自らの <歪んだ性癖を突き付けられ誘惑される。 <それをきっかけに理性のタガが外れた茜は、自ら怪物のデカペニスを求め、 <ドMまるだしのアヘ顔で喘ぐ淫らな雌豚へと堕ちていく。 <進んでアナル舐めや怪物の小便を飲み始める変態マゾ豚っぷりに <清廉な乙女の面影はもうない。 < <●『聖女の献身』第六話 <漫画:chaccu <王子の牝奴隷となったララリィに待っていた想像を絶する屈辱…。 <衆目の前で痴態を演じさせられ、極限まで高まった羞恥心が <聖女をより深い絶望に堕としていく。 <さらに、王子好みの女になるために <自らの肉体すらも魔術で造り替えられてゆき…。 < <●『Hな妖術にご用心!』 <漫画:舞猫ルル <捕らわれた娘たちを救うため、独り敵城に乗り込んだ侍風の狐娘。 <だが、敵の親玉の妖しげな術で身体の自由を奪われてしまう。 <命令に逆らえなくなった彼女は、 <今まで経験したこともないフェラやパイズリを強いられる。 <屈辱の奉仕で男の味を脳髄に植え付けられていく敗北狐娘。 <さらに憎敵の持つ巨根を自ら膣内に迎え入れてしまい――。 < <●『賢者も堕ちればタダの雌 〜ピュアな姉にも闇はある〜』 <漫画:といね <賢者となった姉は生まれ育った村に戻り、修行の際に女神にもらった宝玉に <最愛の妹のための願いを込める。 <しかし目覚めると、村は無数の触手に蹂躙され、愛しい妹も触手の毒牙にかかっていた。 <触手を振り払い妹を助けようと決意するも、膣を貫かれた賢者は尿を噴き出し絶頂する。 <そんなときに宝玉を受け取った女神が現れて…。 < <●『群辱のダークエルフ』 <漫画:ゴンざぶろー <世話になっているエルフの村に危機が迫っていることを知ったダークエルフのカトラ。 <警戒中に被害にあったという少年を助けるも、オークに囲まれてしまう。 <少年に、逃げるよう村の場所を教えるが、それこそが彼らの狙いだった。 <エルフを狩ろうとするオーク使いの少年の前で、カトラは自分が身代わりになるからと <褐色の肌を白濁にまみれさせ乱れてゆく。 < <●『お漏らしで力が喪失!?快感ポリスシステム』 <漫画:ぶんぼん <ポリスになる夢破れた少女に与えられたアプリ、それは待ち焦がれた <正義のポリスヒロインになれる力だった! <おしっこを我慢すると強くなる能力で人助けをする少女だが、 <油断からか二人の悪党によっておしっこを排出させられてしまう! <力を失ったヒロインは何もできないままにおっぱいも雌穴も陵辱され <さらに前後の穴からペニスとステッキを激しく挿入! 勝ち目はあるのか!? < <表紙:魁李 < <【付録ファイルについて】 <・パソコンからのみダウンロードいただけます。スマートフォンからはダウンロードできません。 <・「二日間読める」には付録ファイルは含まれておりません。
出版
キルタイムコミュニケーション
ゆるギャルJK!!(キリッ〜ひなは試験中ですヶド?〜【バイノーラル録音】

ゆるギャルJK!!(キリッ〜ひなは試験中ですヶド?〜【バイノーラル録音】

上海飯店

前の作品
月夜
月夜
助三郎 chaccu ゴンざぶろー 魁李 舞猫ルル ぶんぼん といね の他作品
新着作品
もっと見る