menu

ろまん

現在、5657冊のエロ漫画を掲載してます。
2019 - 03 - 10

コミックマグナム Vol.106

コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
コミックマグナム Vol.106
FANZAで続きを読む

コミックマグナム Vol.106

FANZAオリジナルマガジン『コミックマグナムVol.106』 <フェチでハードでヘビーなタブーを犯す、アダルトコミック誌、 <今回も強力ラインナップで濃厚エロスがぎっしりですっ!!!! <表紙イラストは人気絵師・愛上陸(あいうえおか)が描く、強気な態度を崩さないまま犯されていく巨乳美少女♪ <今号で痴態を魅せる女達は、イボマラを欲しがる女社長、かつての教え子にハマる女、息子に犯されイカされる母、宇宙人に調教され続ける美女、認知症(?)の老人に晒す女、魔力と性欲に屈服させられる元ヤン人妻、痴漢達に責められる女生徒、欲求不満なエロ人妻、レイプでイク人妻などなど!! <これはもう買うしかないでしょ!!!!!! < < < <美人社長 友紀 〜蜜約の肉接待〜(7)/中華なると <ついに友紀社長に次いで怪しい装置でエロ夢を見るハメになった沙絵子主任。友紀社長の時と同様、目覚めた際には、いつの間にか性感感度が上げられてしまっていた。会社を有給扱いにして、エロ杉浦の挿入を受ける沙絵子は、否応もなく感じて甘美な声を漏らしてしまう。一方、真面目な冴絵子主任の連日休暇を心配する友紀社長。そこへ杉浦から呼び出しが入り、逆らえない友紀は杉浦の元へと赴く。杉浦から商品の広告塔や売り込み接待活動を提案される友紀は、痴態をさらした弱みがあるとはいえ、安易に応じられない態度を示す。そこで杉浦はある光景を友紀に披露する……それは普段の姿とはほど遠い、淫猥な器具で喘ぐ沙絵子主任の恥ずかしい姿だった!? < < <あの日の先生(22)/横山ミチル <以前、展覧会で見かけた蒼太の絵に感銘を受け、彼を特別視するようになった後輩の緑川は、ここ最近の蒼太の変化に気づいていた。あれほど無垢で一途だった絵の中に少しずつ闇が広がり始めている。だが、その情緒不安定の原因が恩師との不倫にあるなど、彼女には知る由もなかった。一方、朱希子との情事を繰り返すうちに、いつしかその心と体を独占したい、と思うようになった蒼太。何度潮を吹かせても、壊れるほど子宮を突いても、何度アナルでイカせても、先生はきっと旦那に同じことをされている……その考えが消えてくれない。蒼太の中で嫉妬の炎は、静かに、だが確実に大きくなっていた。 < < <ママ交尾/唄飛鳥 <僕の持っている生物図鑑によると、動物は『交尾』をすることによって子供が生まれると書いている。じゃあ人間も同じなのだろうか? 母さんに聞いても「父さんに聞いてみたら?」と答えてくれないので、自分で調べる事にした。昼食の後、母さんは必ずリビングで熟睡をする。だから僕は人間のメスの性器を見るため、母さんの下半身を裸にし観察した。大陰唇――こっちが小陰唇――ネットで見た画像より母さんの性器の方がキレイだ。ここに僕の勃起した男性器を入れて―――少しキツいかな――でも中がヌルヌルしていて気持ちいい――。ピストン運動――男性器を…中で擦り付つける――。寝ながら感じているのか?母さんの微かな喘ぎ声――。もっと奥に――精子が届くように――。精子が込み上げてくる―――我慢出来ない――僕は膣内射精をした―――。 < < <キャプテン・ギャラクシィ(5)/まいなぁぼぉい <兄の行方不明の後、キャンプテンギャラクシィに任命されたジェーンと仲間は、ノリカ少尉の救出への向かう。ノリカ少尉の捕まっていたアジトでは、地球の女達が産卵ダッチワイフの様に飼われていたのだった。ジェーン達はノリカ少尉を発見し、救出しようとするも、密輸団のボスに囚われてハメられてしまった。宇宙人に抵抗も出来ず太いペニスや拷問器具によっての凌辱と拷問を受ける地球人女性士官たち。アクメ地獄とも言える牝豚への肉体改造は連日にわたり続けられたのだった…。エロ漫画の巨匠・まいなぁぼぉいが放つハイパー超エロティックSF!! 第五話緊急発進!! < < <露出日和 〜ジジイは見ている〜/蛙子丁字 <ここは日中でも外にほとんど人がいない田舎町。だけど誰にも見つからずひっそり露出を楽しむには丁度いい。それがわたしの人には言えない趣味。たまーに大胆に外をうろついて、人目を忍んでドキドキするのも気持ちがいいのです。そんな時、たまたま全裸の姿を佐藤サンのところのおじいちゃんに見られてしまいました。でもおじいちゃんは認知症なのか何をしても反応しません。もちろん私の裸を見ても…。その日から、誰かに痴態を見せる快感と背徳感を味わいながら、誰かにバレる心配もない、私の欲求を満足させてくれるおじいちゃんに、私は裸だけでなくオナニーも見せる様になっていきました…。 < < <魔法の杖でやりたい放題!?時間を止めて生意気元ヤン人妻を屈辱調教(2)/タカエツ <ある日偶然、人を操れる『魔法の杖』を手に入れた男は、管理人の立場を利用し、マンションでナンバー1の美人巨乳の元ヤン人妻・律子を操り容赦なく豊満な肉体にしゃぶりついた……。律子の体は催眠状態のまま意識だけ解放させ、反抗的な口とは裏腹に絶頂寸前の子宮を何度も何度も彼女の夫の前で突き上げた……そんな日から一ヶ月、男は律子を肉便器にすべく調教していた。掃除中だろうが、夫とのセックスの後だろうが、男は律子に恥ずかしい格好をさせながら呼びつけ、アクメするまでペニスをぶち込む。そして律子の結婚記念日、律子は男に呼びつけられるとそこには10本の童貞ペニスがプレゼントとして用意されていたのだった…。 < < <JK彼女が痴漢だらけの車両に乗る理由 前編 /タケイツカサ <彼女の真澄(ますみ)と付き合いだしてから半年…今日もなんの進展もなく駅に着いてしまい、一日が終わろうとしていることを隆明(たかあき)が寂しく思っていると、別れ際に突然真澄がキスをしてくる。嫌われるのが怖くて手を出せずにいた隆明は向こうからされた形とはいえ、ようやくキスができ小さくガッツポーズを決めていた。真澄はそのまま手を振り帰ってしまうが、ふと見ると隆明の足元には真澄の財布が落ちていた。届けようと真澄を追いかけるといつものホームとは違う電電車に乗り込んでる上に、男の人たちが周りを取り囲んでいるように見えてしまい嫌な予感がした隆明。危ない状況ではないかと思い、即座に追いかけようとするが声をかけても周りの音がうるさく聞こえず、ラッシュの人に巻き込まれた隆明は真澄が乗り込んだ隣の車両に乗り込む。連結部にまで来ると、真澄はあからさまに周りのおじさんたちに触られまくられていた。隆明は周りの連中は何をしているんだと思いながらも目の前で行われている痴漢行為に目が釘付けになる…。 < < <小窓に隠れて… 〜人妻の淫らなアルバイト〜/山本やみー <高橋香織(たかはし かおり)はアダルトショップで万引きしてしまい、店員にあっさり見つかりレジ裏で話をする事になる。理由を聞かれほんの出来心と答えた香織は少し借金があり夫は忙しく相談できず、自暴自棄になり特に理由なくやったと告白。事情をくんだ店員は警察沙汰にはしないかわりに、給料を支払って店で働いてもらう事を提案する。早速アルバイトを始める香織の熟れた肉体を見てたまらなった店員は、いきなりスカートを捲り尻を揉むがそのまま仕事を続ける事を強要する。尻を揉まれまくった香織のアソコはしっとりと濡れ、牝の臭いも出してしまうのだった。しばらく夫とご無沙汰で欲求不満になっていた香織は、来客対応でAVのパッケージを見て興奮してしまったのか、店員にいじられエッチなお汁があふれ出て止まらなくなってしまう。店員にアソコを舐められながら接客し、舌を入れられ達してしまった香織。すぐにイってしまい蕩けていると、なんとその店に夫が客として現れた!! < <肉洞窟(7)/遊人 <セックスと命をやり取りする、強姦・殺人が横行するゲーム。集められた男女のそれぞれに欲望と殺戮の罠が近づいていく。 <夫の目前で犯され、イカされる人妻・希。自ら腰を振り始めた彼女を、夫は絶望の目で見つめ続ける。 <一方、半裸で無邪気に水遊びをしていたハイジは、彼女の姿に欲情していた老僧・宮城と接触。未発達なハイジの体に宮城は歪んだ欲望を抱く。 <宮城と会話しながら、洞窟の奥に歩き出したハイジは一人の死体と出くわすことに…!
出版
FANZAコミックス
ハメられた人妻 〜友人の夫に寝取られて〜

ハメられた人妻 〜友人の夫に寝取られて〜

Tiramisu

唄飛鳥 中華なると 横山ミチル まいなぁぼぉい 蛙子丁字 タケイツカサ 遊人 愛上陸 タカエツ 山本やみー の他作品
新着作品
もっと見る